歯医者の銀歯は本当は体に危険なものなの!?

2016y05m19d_074750361

 

 

虫歯で歯医者に行くと削った歯につめられる銀歯、
歯医者に行くと当たり前に見られる光景ですよね。

実はこの銀歯が体によくないということが様々な実験でいわれるようになってきました。

 

 

主な原因はこんな感じです。
・金属アレルギーを引き起こす
銀歯の表面から金属がイオン化されて溶けだし、体の中の蛋白質と結合することで、金属アレルギーを引き起こします。
中でも銀歯に含まれている、パラジウムという物質はとくにアレルギーを引き起こしやすいです。

銀歯は徐々に金属が溶け出すので、長い期間をかけてアトピー症状などがある場合は金属アレルギーの可能性もありえます。
・被せた歯がまた虫歯になる
銀歯はセラミックと比較して、歯との間に隙間が空いてしまいます。その隙間から虫歯になるリスクが高くなります。

 

・歯周病が悪化しやすい
歯磨きがしにくく、歯と歯茎の境目の磨き残しを起こしやすいので、歯周病になりやすいです。

 

以上が銀歯のデメリットでした。

 

保険内で治療できるので安くすむ銀歯ですが、金属アレルギーの人などは、知らないうちに体に負担がかかっているかもしれません。
少し費用はかかりますが、今後の健康のことも考えて、セラミックも選択肢に入れていくのもありですね。

 

セラミックが保険適用になるまではまだ時間がかかりそうですが、いずれは保険内で安く治療できる日が来そうですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です