キャットフードの工場

「ユニ・チャーム」のキャットフード工場は国際規格を取得しています。様々な国際規格があり簡単に言うと品質の基準を満たせば品質保証と掲げることができます。キャットフード工場の国際規格は工場が評価されているということで品質保証ではないようです。工場が評価されているのは比較的安全な要素はあります。そしてキャットフードを選ぶ基準にもなります。工場自体は確かに基準をクリアしていますが原材料が健康なものであるかは飼い主による判断となります。

日本では原材料が体に良くないものでも安価で買いやすいことやまだまだペットとしての位置づけが低いことも現実として問題であります。そのためどうしても副産物などを使用してかさましに使われることが多々あるようです。

「ユニ・チャーム」の伊丹工場が近くにあり外観は確かにゴミなども落ちておらず問題はありませんでした。学生時代にその隣の工場でアルバイトをしていましたがものすごくペットフードのニオイがする時間帯も限られていて気にならなかったです。原材料を除いて工場の製造ラインだけでも清潔に保たれていることは良心的と言えるのではないでしょうか。原材料については分かりませんが工場についての噂は全く聞かないので問題はなさそうです。

シンプリーキャットフードがおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です