キャットフードの動物性油脂について

キャットフードに含まれる動物性油脂がどんなものか知っていますか?

この動物性油脂は名前の通り何かの動物の脂です。そしてどこの部位であるかもまったくわかりません。猫は一定の脂肪分を摂取することで健康を維持することができますがこういった質の低い油脂を与えることで影響があります。

動物性油脂は酸化するまでのスピードも早いので空気に触れると特に酸化が進みます。このスピードを食い止めるために防腐剤や保存料などを使います。

酸化した油は多くの内臓疾患や肝臓病、肥満の原因になります。そして下痢や口臭も悪化させます。防腐剤が発がん性の場合はさらに要注意ですが動物性油脂はに対して使われた保存料は表記する義務もないので動物性油脂との表記がある場合は避けた方がいいでしょう。天然由来の保存料を使っているキャット―フードでも動物性油脂は発病リスクが高い添加物が使われている可能性があるということになります。

ここまで来るともうどれもキャットフードを選ぶことができなくなりそうです。動物性油脂と書かれている場合は何の動物か記載を確認しておくと比較的安心して購入できるのではないでしょうか。

シンプリーキャットフードはアマゾンで買うな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です